柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

音楽と私の関わり・・(子ども期)♪

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!

今回は、私と音楽の関わりを 順を追って書いてみますね。
長くなるので、少し分けます。今日は 幼児から小学校時代。この時期、最初の教室はご夫妻で教えていらしたので、学校の音楽の先生以外に 4名のピアノの先生に教えていただきました。ヴァイオリンは中学になってから・・なので、まだ登場しません(^^;)

1.どらみ、ピアノレッスンを始める
音楽好きだった私の母は(幼稚園教諭をしていましたがプロ音楽家ではありません)、音楽の基礎をピアノで身につけさせたい、と希望していました。
そこで、ご近所のお姉さん、お兄さんたちが通っている、ピアノ教室に4歳半頃から仲間入り。
ご夫妻二人で教えておられ、生徒さんの数も 当時としては多かったと思います。
ここで その当時は ごく普通の流れ・・・赤いバイエルー青いバイエル、並行して、子どものためのソルフェージュなる教本で、ドドレレ ドレドレ〜♩ など、いわゆる「視唱」の基本、子どもの歌(唱歌など)を 先生の伴奏で歌う、というレッスンを受けました。正直、すごく楽しい!わけでもないけれど、先生がほめてくださること、真夏8月に、銀座のヤマハホールを会場に、発表会があり、同年代の生徒さんたちと2手、4手連弾の経験をしたり、実力以上に少し背伸びした曲にチャレンジさせてもらったり、ついでに・・ ちょっとおめかしさせてもらえるのは子供心にも嬉しかった記憶が・・(動機が不純? ^^;)


2.2人目の先生  「音楽耳」を育てていただく

小学校入学し、小1の終わり頃、別の先生に変わりました。今度は うって変わって地味な印象・・(^^;)
発表会もなさらない先生でしたが、私は 今も、故人となられたこの先生に非常に感謝しています。
ピアノのレッスン自体は、メトードローズや ピアノの練習ABC、ハノン教本など、エチュード(練習曲)系は、あまり好きではなくても、ソナチネアルバムの曲は楽しく、少しずつ弾けるようになっていきました。
何より一番ありがたかったのは、私の「音楽耳」を育ててくださったこと。
7歳〜10歳・・私は、時計の時報を皮切りに、ありとあらゆる生活音が、楽譜上の音(楽音)に聴こえ、ピアノがなくても、ラ!とか ファ♯(fis) などと ひとりで つぶやいいることを、母も気づいていました。
どうやら、いわゆる絶対音感、というものが、自然に身についていたようでした。

この先生は、ピアノを弾く時間を 少し短縮してでも、私に 「単音、三和音、その転回形、カデンツ(終止形)、基本のリズム」を 聴き取ることを 繰り返し 繰り返し! ピアノから離れたところで鍵盤も見ないトレーニングでした。
「せっちゃんは、いいお耳だから!」と、励ましながら、失敗しても決して怒らず根気よく教えてくださる先生。 ピアノ演奏に比べると地味だけれど、できると嬉しい!

この先生にお世話になった3年間。ピアノ演奏の方に劇的な進歩はなかったものの、ピアノに背を向けても、目を閉じていても、基本のC,G,F(長調)に関しては、ドイツ音名で 三和音の基本形、ふたつの転回形も 即座に言い当てられるようになり、簡単なカデンツ(三和音で ⅠーⅣーⅠーⅤーⅠ という進行)を聴き取ったり、鍵盤上では、他の調でも ある程度弾けるようになりました。リズムの聴き取りはイマイチでも、音程、和音を聴いたり、鍵盤で弾くことに自信がつきました。この「耳」の訓練が、中学になって ヴァイオリンを始めた時、私の唯一の支えに・・・それがわかるのは、まだ数年後のことです。

3、3人目の先生・・・ピアノで 少々行き詰まる(^^;)

小学校5年の時、また別の若いバリバリピアニスト先生(女性)に変わり、親友と一緒に、学校帰りレッスンに通うことになりました。
私には 3人目のピアノ教師。 この先生は、とにかく ご自分がバリバリにピアノを弾ける方で、生徒たちにも、ご自分のように上手に弾けるようになってほしい・・という方針でした。ハノン、ツェルニー、バッハのインヴェンションが加わり、ソナタアルバム、発表会には、ピアニスティックな かなり難しい曲を弾くことに・・。 私は他は進むのに、どうもバッハが苦手で・・先生は、ここがテーマ、違う音だけど、こちらにも同じテーマが出てくるでしょう? と、ぐるりと〇で囲んで、いろいろ書きこみしてくださるのですが、頭でわかったつもりでも、他の声部を弾きながら、指が足りない時は、小指でも、テーマが浮き上がるように、途切れないように弾く・・というワザが なかなかクリアできず、ピアノレッスン自体が 少々負担に感じられてきた頃。
うっかり!? この先生に、「将来、何になりたいの?」と問われた時、素直に!?「ピアノの先生になりたいです」などと答えたところ、「あら! それじゃ、今の5倍くらい練習しないと!」
即 返されて、思わず うわ〜っ!@@
さすがに少々凹みました(笑)(続く)

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2017 All Rights Reserved.