柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

音楽と私の関わり・・ヴァイオリンに出会う!

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!
(前回の続き)

小学校いっぱい、学校授業以外の音楽は、週一回、友達とピアノレッスンに通う。ほぼそれだけ。
女子校で、周囲はピアノの上手な友達も 非常に多く、私のピアノは 特別目立たないまま 小学校を卒業。

大きな転機は、中学入学直後に!
入学式を終えて、少ししたころ、学校の体育館で部活紹介。
体育系にも憧れていて、ロクに泳げないのに 水泳部にも・・(無謀! → こちらは一年で辞めることに・・^^.)
文化系の部活紹介の中、「弦楽クラブ」の演奏と出会い!
制服姿でも、中3先輩二人が 1楽章と3楽章 別々にソロを弾く姿、音色、高揚感に すっかり魅せられてしまった私。 ミーハーだけど「私も あの先輩のようになりたい!」 その場で ヴァイオリンをすぐ始めたくなりました。
帰宅して 父母に相談すると・・・
思いがけず、母が大賛成! 母は、ピアノは全ての基礎になると思い 小さい頃からレッスン受けさせてくれていたけれど、実はヴァイオリンの音色が好きで、妹か私、どちらか一人でも ヴァイオリンするといいのにな・・と ひそかに考えていたのだそうです。 早速、学校内にある「おけいこ教室(趣味の教室)」で、ヴァイオリンを一から習う運びに・・。
この教室、お二人の先生がおられましたが、私が師事することになった先生は 少し足がご不自由で 座ってレッスンなさる年輩の男性でした。先生とも相談して初めて買ってもらったヴァイオリンは、「鈴木ヴァイオリン 特2」という、機械生産の普及品の中では ほんの少し上等なものらしく、嬉しくて嬉しくて 夜も傍らにケースを置いて寝るくらい 幸せでした。まだ弾けないのに・・(^^;)

 

偶然、私達の入学と同時に、音楽の授業のうち、週一時間がクラス全員(50名前後)一斉にヴァイオリン、ということなったのです。個人レッスンでも、鈴木メソードの教本第一巻「きらきら星変奏曲」から始めたばかりというのに、またもや 無謀! ソロを弾いた先輩への憧れもあり、なんと弦楽クラブにも入部してしまいました(^^;)
中学1年の放課後は、弦楽、水泳、ピアノ、ヴァイオリンレッスン、英語の私塾・・あまりに多忙になり、情けないけれど、秋の終わり頃、水泳部を辞めることにしました。

この中1の一年間、ヴァイオリンへの のめり込みは、我ながら相当なものでした。自分が弾きたい曲は、レッスンや音楽授業で習っているものではなく、中3の先輩が弾いた、鈴木メソード教本 4巻目に載っている、ヴィヴァルディのコンチェルト(協奏曲)でした。この曲を一刻も早く弾けるようになりたかったのです。 学校帰りに 大型楽器店に立ち寄り、レッスンでは まだまだ先! の 4巻目をおこづかいで購入。巻末に付属している 小さなレコード(当時は CDではなく 小型レコードでした^^;)の ヴィヴァルディコンチェルトを、毎日 呆れるほどかけては、とにかく 自分で弾ける音だけ拾っていく・・の繰り返し、繰り返し。
4巻目の この曲には、少し高い音も出てきます。本当は 3rd(third)ポジションという、左手のポジション移動を習わないと、その音を弾けないのに、弾けるところだけ弾く・・・そればかり。家族は本当に迷惑だったと思います(^^;)

ヴァオリンは、用意された音程、音色がなく、自分で創り出す楽器です。少し長い音(ロングトーン)を美しくしているのは、ヴィブラート(vibrato-vibration)と わかると、これも普通は4巻目あたりまで レッスンが進まないと 教えていただけないのですが、自力で何とかしたくなりました。またもや楽器店に行き、棚の上の方にあった「ヴァイオリン奏法と指導の原理」という、ヴァイオリン指導者向きの翻訳本(イワン・ガラミアン著 共訳者の一人は、のちに私の恩師になる 中島郁子先生でした)を、お年玉を含めた自分の貯金をはたいて購入。モノクロ参考写真と 難解な解説文を頼りに、ヴァイオリンのスクロール(先端の渦巻部分)を 柱や壁に押し付けて 楽器を安定させながら、少しずつ 音色に変化をつける練習を独学で始めました。


今、思い返すと、この頃の練習時間が一番長かったかもしれません(^^;)
さぞかしハタ迷惑だったでしょうが・・・ 両親、特に母は、「そんなに好きなら・・・もう少し 専門的な先生にレッスン受けた方がいいかな?」 そして、かつて自分の同級生で音楽家になった友達(3人とも ピアニストでしたが)に声をかけ、私のために、良いヴァイオリンの先生を探していただくよう頼んでくれたのです。

この中のお一人のつてで、翌年 中2の夏休み終わり頃、当時 武蔵野音大 ヴァイオリン科教授、S先生を紹介されました。8月末、世田谷区のお宅に母と二人で初めて伺いました。温厚な表情ながら、この先生の前で、当時レッスン受けていた、鈴木メソード2巻目真ん中あたりの曲を いきなり披露?することになり、本当に気恥ずかしかった記憶が・・。

思いがけず S先生は、「ナチュラルにヴィブラートがかかっている。どうしたの?」「ピアノをなさっていたからかしら?音程、いいわね」 そんな言葉を かけてくださいました。この年齢、この時期で、初心者マークの私のヴァイオリン演奏を肯定的にみてくださっただけでも 幸せでした。💕

弾き終えて、S先生と母が、現実的な話を始めました。 今、中学2年。8月末。もしも音大受験を目指すとなると、高校3年間+中学卒業までの1年半、計4年半。 現在の このレベルから、音大受験まで、4年半で たどり着ける可能性は?
正直、今考えても メチャメチャ厳しいことは、当事者の私が 一番よくわかっていました。

S先生も しばらく 熟考されたのち・・・私が女子大学の付属中学生であること、ピアノを続けてきて、音楽耳ができていること、譜読みに問題はないこと、高校にも外部受験せずに進学できること。大学も(第一志望の学部に行かれる可能性は??でしたが)内部進学可能なことをふまえ、
4年半、音大受験を目指して 全力を尽くす。 一方、やはり この時間で 音大受験合格レベルまで 最善を尽くしても、もしも・・という事態に備え、普通大学にも進学できるよう、学校の勉強を絶対に手抜きしないこと。 これが S先生から提示された、私の「入門条件」でした。「がんばってみましょうよ!」「はいっ! どうぞよろしくお願いいたします」
こうして、私のヴァイオリン道は、S先生と新しいスタートを切ることになったのでした。この先が、難所の続く、けわしい登山になることは、まだ想像できなかったのです^^;(続く)

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2017 All Rights Reserved.