柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

音の高い↑低い↓ に気づいてもらおう!(3~4歳児向け)

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです!
今回は、大人の言葉を理解し始め、身体能力も 格段にアップする
3歳〜4歳児向け。

3歳になると、本当に一気にできることが増えます。↗
それで、小さなお子さんたちに試してほしいこと、ご紹介したいことが た~くさんあるのですが、まず ひとつ ぬいぐるみを使ったアイディアを♪

音の「高い」↑ 、「低い」↓ を、小さな子どもたちに 初めて意識して気づいてもらう方法のひとつです。

アイディアのソース(源)は、ハンガリー留学中、著名な音楽教育家、特に乳児、幼児期の、本当に初めて・・・の 小さな子供たち対象の音楽教育では、当時、彼女の右に出る者はいない、と言われていた カタリン・フォーライ(故人)女史の授業見学。

カタリン・フォーライ女史は、体育館のようなピアノもない 木のフロアに座りこみ、周りに小さな子どもたちを 車座に集めて 授業(レッスン)を始めました。

3-4歳児といっても、まだまだ小さい子供たち。時には お母さん、おばあちゃんの代わりのように、甘えてくる子どもを 自分のひざに乗せ、優しいまなざしと 柔らかな手で 包み込むような姿・・・音楽教育家の前に、ひとりの人間として、女性として素晴らしい方。感動しました。

その授業内容は、また別な機会に ご紹介することにして・・・

 

🎥 動画を作るにあたって、家にある オルフ楽器の メタルフォン(アルト鉄琴)をメインに、最後の方で ピアノをちょっと使いました。

今後のことを考えて、メタルフォンに ちょっと細工しました。
音名(英・letter names)を、貼って はがせる ラベルを丸く切って、カラーペンで色もつけ・・・

L1010628_R

こんな具合に・・↓
L1010629_R

オルフ楽器のよいところは、こういう鍵盤楽器でも・・・

L1010632_R

好きなように 鍵盤を自由に取り外しできること。

最初から たくさんの音が並んでいるより、必要な音だけ残して 取り外してしまうと、すっきり! 迷子になりにくい。^^

L1010633_R

 

↑ 」と 「 だけ残してみたところ。

今回の動画では、(写真は撮ってないので 動画参照)低い  の音と、
高い  の音、 ふたつだけを使いました。

音の「高い」 「低い」 を 認識、判別できる → 今後、成長にともない、『音程』に つなげていく内容ですが、最初は とにかく楽しんで クイズ感覚でできれば上等です!

最初は「なるべく遠く離れた 2つの音」 から 始めた方がよいです。

理由は、離れた音同士の方が、子どもにとって 区別が易しいから。

隣り合った音、近い音同士・・ これは、離れた音の 高低がわかるようになってから 少しずつ・・・。

動画に使うぬいぐるみ選びに、ちょいと苦労してしまいました。
ぬいぐるみは自宅にたくさんあるのに、ポケモンキャラとか、くまモンとか・・・(^^;)  普通の動物が なかなか見つからず、
今回は ワニくん💚(緑)と、ピカチュウ💛(黄)です。^^;

この🎥ビデオ、生徒さんが いないので、ひとり芝居状態ですが(^^;)
本当は、故 カタリン・フォーライ女史のように、 小さな子どもたちと一緒にぐるりと輪になって座り、家族のように あたたかく優しい眼差し、ひとりひとりに丁寧に目配り、言葉かけしながら、やりたいですね。^^

ヴァイオリンでも、リコーダーなど、管楽器でも、子どもたちに、わかってもらえそうな楽器を 考えて試してみてくださいね。
個人のお教室のレッスンや、保育園、幼稚園(年少組)でも、工夫できるかもかも・・です。

それではまた~! わぉぉぉ~ん♪

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2016 All Rights Reserved.