柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

ハート♡のドキドキ!から 始めよう~!

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは  どらみです!

この前、0~2歳の 乳幼児期の小さなお子さんたちには、
まず ママ、パパ はじめ、家族に抱っこされて、ゆらりゆらり・・
優しい言葉かけして、安心感、信頼関係を築くのが 一番大切ですね~! と書きました。

その後、3歳になると、大人の言葉を理解し始め、わかること、できることが一気に増えてきますね~! とも・・。

乳幼児期(0~2歳)に 音楽教育なんてアリなの!?

3歳過ぎたら、こんなことも、と 『音の高↑・低↓』を、メタルフォン(鉄琴)、ピアノなど、近くにある楽器と、ふたつの ぬいぐるみを使って 子どもたちに 気づいてもらう、、という、初心者向けのアイディアも ひとつ紹介してみました。

音の高い↑低い↓ に気づいてもらおう!(3~4歳児向け)

音の高低は、これから また別な方法で、実際にきれいな「音程」を聴きわける、声を出してみる・・まで ご紹介しますね♪

 

💖のドキドキ・・・を感じて 歩いてみよう!

 

今日は、大人(親・指導者)の 言葉かけも含め、💖💖ビート(心拍)テンポ、音楽に合わせて 👣👣歩くことから初めてみよう! という アイディアです。

赤ちゃんは、生まれる前から いろいろな音を聴いている、といわれています。
特に、ママの心臓の鼓動、ドックン、ドックン・・という音👂

生まれる前も 生まれた後も、赤ちゃんには、優しい声、安心する音、リズム・・・💓💓💓💓💓・・これは教えなくても きっとわかっているんですよね。

年齢性別国籍関係なく・・・
音楽を生活の中に取り入れる、、といっても、最初は 本当に遊びから!

音楽の速度を表す言葉(音楽用語)のひとつに、Andante (アンダンテ=歩くように)という イタリア語があります。ご存知の方も多いでしょう?

歩くように、っていってもね~👣
大人と子ども、高齢のおじいちゃん、おばあちゃん、動物だって、
歩く速さって、それぞれ 違いますよね~?

小さな子どもたちにとって、一番自然な速度。
それが、自分の心臓 💖 の どきんどきん という拍動 なのだそうです。

アンダンテ(Andante)のような 速度を表す 音楽用語にも、一分間に大体 何拍くらい・・という目安がありますが、同時に『幅』があります。
絶対 このスピードじゃなくてはダメ! ということは ないんですよ^^

実際に、💖のドキドキ・・という リズムは 大体 一分間に60~70回くらいでしょうか?

子どもたちの様子を見ながら、無理のないテンポで・・歌ったり 歩いたりしてもらいましょうね^^

 

歌いながら 一緒にやってみよう~♪(実践例)

 

1.子どもたちが、すでに よ~く知っている歌(あまりテンポが速すぎず、遅すぎないもの)を選びます。 歌詞がついている、シンプルで 子どもたちが 自分で歌える歌がいいですね♪
子ども ひとりでも もちろんできますが、できれば、同じくらいの年齢のお子さんが一緒だと、盛り上がるし、そばにいる大人も巻きこんで、ゲーム感覚の遊びが いろいろできるので おすすめです!

2.歌を決めたら・・・最初は 大人も子どもも 一緒に 楽しく歌ってみましょう♪ まだ このステージでは、ちょっと音程が・・^^; などと 細かいこといわず、まずは 「楽しく」歌いましょう!

3.室内だったら、家具などを脇に寄せる・・などして、少し歩き回れるスペースを 確保しておきましょうね。 そんなに広々~じゃなくて大丈夫です。
私たちが 主催していた「どれみ会」という、今風に言えば ワークショップ?も、先輩先生の マンション、リビングルームの家具を隅に寄せて スペースを作っていました。

4.大人と一緒に歌った歌を、「こんどは ○○ちゃんたちだけで 歌えるかな~?」 と きいてみます。 おとなしい子、活発な子、いろいろですが、
「やってみよう~!」 と 笑顔で促してみましょう。
「は~い! できる~!」 という子もいれば 牽引車になってもらい、
一方・・・
明らかに 自信のなさそうな子どもがいたら、 さりげなく傍に寄って、目をみながら、様子みて、手をつないであげたり、一緒に歌いながら『大丈夫よ~!』という笑顔のサインを 送ってあげてください ☻

5.子どもたちだけで歌えたら、思いっきり ほめてあげてください!
「やった~! 上手~! すごいな~!」 などなど・・・子どもに とびっきりの笑顔で!!!!! 子どもは(大人も!?^^;) ほめられて 自信つけて伸びていきます。

rabby2_R

 

輪になって 歩いてみよう~♪

 

6.ここから 「歩く」👣👣 という動作を加えていきます。
お子さんが 何人かいれば、輪になってもらい、人数が少ないな~と感じたら、ママ、パパ、大人が まざっても良いですね。

輪になったら・・・指導者は、こっちに向けて歩こうね、と 進行方向を決めてあげてください。
そして、先ほどの歌を歌いながら、一定のテンポ=💖の拍動くらい
で、歩いてもらいます。 速足になったり、極端に遅れたり、輪になって歩きながら、前後の人に ぶつかったりしないように 見ていてあげてください。

7.3歳児くらいだと、同じことに集中できる時間は、ホント、ごく短いです。
また別途ご紹介しますが、最初に ちょっとメロディ入れた ご挨拶したり、
いろいろな アクティビティー(活動)を用意しますが、手を変え、品を変え・・と 飽きないように工夫しても、3歳児なら、ひとつのことに 5分から10分 かけられたら上等! くらいに思っているとよいかな、と思います。
あまり気に入らないアクティビティー、要は 彼らにとってオモシロイと感じられないと・・子どもは正直。そっぽ向いたり、勝手に別なことし始める子もいます。
指導者の慣れ、持っていきかた(力量ですね^^;)にもよりますが、年齢が小さければ小さいほど、ばらつきがあります。 そういうものだと知って、覚悟?しておけば、たとえ、その時、うまくいかなくても、指導者側も がっくり!(TT) ということにならないと思います(^^;)

8.輪になって(大人がまざっていても) 同一方向に 歌いながら、ほぼ同じテンポで歩けたら、また 大げさと思われるくらい 笑顔でほめたたえましょう!

9.様子をみて、疲れてしまったようだったら、もうこのアクティビティーは ここで やめて、他のことに移るか、これが このレッスンの最後のアクティビティなら、よくできたことを もう一度ほめて(→ これ、次回につなげるので 大切!!)、水分補給や 時間によっては ちょっとおやつ休憩タイムにする、、のも アリです。

10.まだ余力があり、子どもたちが、もっとやりたいな~! という集中モード!? の時は、全て 同じことの繰り返しではなく、ちょっと変化をつけます。
たとえば・・・最初は 先ほどと同じ歌を歌いながら、進行方向に歩く・・(ここまで同じ) が・・・ あらかじめ、指導者が「は~んたい!」とか、「逆まわり!(わかる言葉を使います)」と、途中で リズムを乱さぬよう、掛け声をかけたら、くるっと向きを変えて 反対方向に歩くなどなど。 進行方向を変えるのは、一方向に リズミカルに歩くのに すっかり慣れたな、と指導者が そう思えてからにしましょう。 最初は くるりっ! が 上手にいかなくて、 ごっつんこ! しちゃう子どもも出るかもしれませんが、そこは 絶対叱らず、笑顔で ○○ちゃん、こっち向きにしようね~! と やさしく声かけてあげてくださいね。

ちょっぴり レベルアップ↗ 編(余裕あれば)

 

歌プラス 💖ビート(心拍)テンポで 歩けるようになったら・・・
歩く足どりと 同じ拍で、手をたたきながら👏・・という、もうひとつ別の動作を加えることも 可能なら 試してみましょう。

歌だけ → 💖ビート(心拍)テンポで 歌いながら歩く → 進行方向を指示によって変えられる → 歌 + 💖ビート(心拍)歩き + 💖ビート(心拍)手をたたきながら・・・・

clap1

ここまでやるのは、もしかしたら 3歳児では きついかもしれないです。
4、5歳から小学校低学年(1、2年生)くらいまで様子を見ながら 試していただけるかな、、と。
個人差が激しいですし、就学前の年齢は、生まれ月(月齢)だけでも、相当違いがありますものね♡

指導する側にある立場の方は、そのあたりもふまえ、無用な心配、焦り・・などを 子どもたち だけでなく、親御さんたちにも与えないよう、目配り、気配りしていきましょうね。

 

まとめ

 

パパやママ、指導者役は、命令を下すのではなく、あくまで お子さんと同じ目線で 一緒に楽しみましょうね^^

新しい世界が 広がっていくことに、大人も子供もワクワクできるような方法で・・♪

L1010657_R

歌🎶 + 動作👣 👏・・・ 違うことを同時にする、というのは、最初は 誰にとっても難しいものです。 最初から 全部できなくていい。優しいことばと 笑顔で 励まし、ほめながら、ほんの少しずつ できることを増やしていくこと、
何よりも、本人たちが 楽しくできるように工夫、様子をみながら改善・・それが 一番大切かな、と思っています。

それではまた! わぉぉぉ~~ん♪

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2016 All Rights Reserved.