柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

基本のリズム 「てぃてぃ ti ti」 とも仲良くしよう~っ! の巻っ!!

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは! どらみです!

新しい リズム、「てぃ てぃ」 を 導入する、という アイディアです。

 

 

まずは、 今 できることの おさらいから!

前回、最初の 基本リズム「た」(♩)→ 四分音符へつなげていく
と、「ふぅ」→ 四分休符に つなげていく・・・

この2つを、真っ白なキャンバスのような、初めて出会う 子どもたちに、
ムリなく 導入するアイディアを ご紹介してみました。

基本のリズム🎵わかりやすく シンプルに始めよう・・・の巻っ!

 

↓ こんな フラッシュカードで、「た」(手をぱんっ!と叩いて「た」と声を出すことと「ふぅ」(お休み=四分休符)のところで、人差し指をろうそくに見立てて、その炎を ふぅっと 吹き消す動作をするお約束もしましたね^^)
bluebirds1

 

さて、↑のような フラッシュカードで、「た」「ふぅが、身についたな、大丈夫そうだな・・と 思えたら、今度は 最初のカードを 見せて、
隣に このカードを 取りだしてきて 子どもたちに見てもらいましょう!

違いのわかる子どもたち! に なってもらおう!

 

 

↓ これは | 縦棒=「た」 が 4つ並んで、 手を叩きながら声出してもらったり、ハートビート💓💓💓💓で 歩いてもらったりもしましたね。
tatatata_R


IMG_5148_R

上のカードと こちらのカードを 並べて・・・・

子どもたちに、

「あれれ~~ 今度の さくらんぼ🍒 は、前のカードのと、ちょっと違うね~!」

「どこが 違うか わかるかな~?」

聞いてみましょう!

「た」「ふぅ」に 慣れて、自分ひとりでも 叩いたり、ろうそくを吹き消す動作ができるようになっている子どもさんなら、おそらく 気がついてくれると思います。

ここでも、指導者側から「教える」のではなく、
ふたつを 並べて見せて 子どもたちに「気がついてもらう」ことが大切。

「うーん、うーん・・・」 悩んでいるようだったら、ちょっと指さして、

「さくらんぼの大きさはどうかな?」

などと、ほんの少し ヒントを出したりしながら 様子をみます。

「何だか 🍒さくらんぼ、ちょっと小さい!」
「ふたつ つながってる!」

まず この2点に 気づいてもらえたら 上出来です!!!!!

「よく わかったね~!  すごいな~!」 と 大げさに ホメホメしてあげましょうね~^^

更に・・・

「🍒さくらんぼ、ふたつ つながってるけど、 絵の上のマーク、今までと同じかな?」

聞いてみましょう!

縦棒 | ではなく、何だか 鉄棒!? みたいな カタチが 二組並んでいることに 気づいてもらえたら、また 大拍手です!

 

 

新しい 約束・・・「てぃ てぃ」

 

ここで、タイミングを見計らって、カードを裏返して 見せます。

すると・・・ 鉄棒のような マークの下には 「てぃ てぃ」(ti ti)

 これは 今後、八分音符(♫)二つ つながった形、につなげていきますが、 私の生徒さんたちには、「てぃ てぃ ti  ti 」と、「た」 より
音は小さくなっても構わないので、「てぃ てぃ」 と声を出しながら、ちょっとスピードをつけて  ふたつ 手を叩いてもらう お約束をします。
IMG_5149_R

まだ、「た」が 四分音符で、「てぃ てぃ」 は 八分音符で・・・というような 正式名称? は 、この時点では 伝えません。

「た」 を 一回 打つ間に、「てぃ てぃ」は 速く 二回打つ・・というのも、 最初は教えません。

小さな 子どもたちには、まず 身体でリズムやテンポを感じて、それを身につけてしまう・・・・基本の「た」 は、 おおよそ ハートビート(心拍)💖で始めているので、「てぃてぃ」は その 半分の長さになりますが、
理屈より、とにかく 指導者が お手本を示しながら(わかりやすく、少し ゆっくり目でもいいのです!) 実際に 子どもたちと一緒に 手を叩いたり、「ふぅ」の動作をしたり・・・ それが 経験上、一番早道と思います。

 

子どもたちの個性は さまざま・・・

最初は とまどう子どもさんもいるかもしれません。

心配せず、今まで やったことのあるカード、見覚えのあるものから、
おさらいして、思い出したところで、もう一度、新しいエレメンツ(要素)に 挑戦したらよいのです。 子どもたちにも 本当に個人差があって さまざま。 はい、はいっ! と 積極的に 先に進みたがる子もいれば、のんびり、シャイな子・・・いろいろです^^

複数の子どもたちが 集まっている グループで こういう指導をする時は、
(何でも そうですよね) 一番速い子に合わせると、ゆっくりな子が ついてこられずに自信を持てなくなったり、ゆっくりな子に合わせると、どんどん先に行きたい子が フラストレーション抱えたり・・(^^;)

グループレッスン(授業)は、 そういう難しさもありますが、指導者のもっていきかた次第で、よい展開になります。

ゆっくりな子を焦らせず、どんどん行きたい子にも 不満を抱かせないためには、 指導者の目くばり、心配りが とても大切。
さりげなく、
ひとりひとりを よーく観察して、その子の個性を つぶさずに 良い面を伸ばしてあげる方法を 常に考えます。

 

一枚のカードにも その子なりの ストーリーを!

IMG_5151_R

「てぃ てぃ」 を 感覚的に理解できたかな? と思えたら、

まず、すでに知っている リズム(た、ふぅに、 新たに「てぃ てぃ」を加えた フラッシュカードを いろいろ用意しておき、なるべくシンプル、単純なものから 見せていきます。

最初に見せるカードは、いきなり 「はい、これをやってみよう!」

ではなく・・・

「これ、何だろうね~?」

「いちご〜!」

「小さなイチゴ が 2つ並んでいるところは 何かな〜?」
(絵の上の 鉄棒のような 記号に 注目してもらいます)

「てぃ てぃ !」

と、正解が出たら、 また 思いっきり ほめてあげてください!!

「イチゴが ないところがあるね〜! どうしちゃったんだろう?」

「誰かが 食べちゃった!」

「○○(動物)が おいしそう、って、持っていっちゃった〜!」 などなど・・・ 子どもたちから 出てくる言葉で、
このカード一枚から、お話= ストーリーが できるんですね〜^^

そのストーリーを 一緒に 言葉にしてから、

「てぃてぃ、 ふぅ、 てぃてぃ、 ふぅ」 と リズムを叩いたり、「ふぅ」の 動作をしたり・・・しましょう!

butterfly
「これは 何かな〜!?」
「ちょうちょう!」
(↑の記号にも さりげなく誘導して・・・)

「小さな蝶々 ふたつのところは?」 → 「てぃてぃ!」
「大きな蝶々 のところは?」    → 「た!」

「すごい! よくわかるな〜!
じゃあ・・・何だか 最後のところ、ちょうちょさん いないけど、
どうしちゃったんだろう?」

「飛んで 逃げちゃった!」 など いろいろな意見が出てくるかも^^

「ほんと、ちょうちょさん、飛んでいっちゃったのかもしれないね〜!」

「じゃあ、ちょうちょさん、いないところは?・・・(上の記号を指さして注目してもらう)

記号に慣れてくると、即座に「ふぅ!」 と答えが返ってくることが多いです^^

と、 ひととおり、絵、大きさ、絵の上の記号・・・の結びつき(関係)を
ストーリー仕立てで 確認してから、リズム練習に入る・・・を、
習慣づけてしまいましょう!

一回で うまくいかなかった時は、絶対に 間違いを指摘して叱ったりせず、
もう一度、指導者と一緒に確認して、一緒に手を叩いたり・・・を 繰り返し、 ひとりでも できるところまで、次回レッスン時でもよいので、反復練習で 身につけていきます。

 

いろいろ作った 私のフラッシュカード♫

flower1

fish1 IMG_3493_R IMG_5150_R peach1 IMG_5153_R

今回の まとめ

「た」「ふぅ」「てぃてぃ」・・・

基本のリズムが 3種類になりました。^^

全体は 同じテンポをキープしながら、「た」「ふぅ」「てぃてぃ」を、
絵を見て 📗ストーリーを考え、

絵と リズム記号を 結びつける フラッシュカードの練習を レッスン時間の中に 数分、長くて10分・・ 毎回組みこんで反復しているうちに、(子どもにとっては、遊びの感覚で できますよ~^^) 、この 基本のキ、のリズム、
正式名称を知らずとも、教えなくても、子どもたち、喜んで 身につけてくれると思います。

私の生徒さんたち(5歳〜8歳くらいまでは特に)、この後 もう少し 複雑なリズムも出てくるようになっても、このフラッシュカード(手作り感満載です^^;)が 好きな子が多くて、もっとないの〜? もう少しやりたい! という リクエストに応えて? ずいぶん たくさん作りためました。^^;

慣れると速くなってくるので💨、おさらいが大半ですが、限られた数分でも、かなりの枚数を 正確に読んでは叩き、ふぅ、っと吹き消し・・と、私も一緒に楽しみました。^^

どうして バナナが ひと皿 なくなっているのか?

どうして カタツムリのいる 葉っぱと いない葉っぱがあるのか?

どうして ひと鉢だけ、お花がないのか?

手描きの絵は、お世辞にも 上手じゃないですが、身近にあって、何かストーリーを こじつけでも 考えてもらえるものなら、何でも良いと思います。

覚えたリズムは、これでおしまい、じゃなくて、今後の 大切な 土台になるものばかり。

何度でも 手をかえ 品を変えながら 楽しく 身につけていきましょう~!

いろいろな アイディア、まだまだ 続きます~^^;

それではまた!
わぉぉぉぉ〜〜ん!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2016 All Rights Reserved.