柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

横浜市 青葉子ども食堂チャリティコンサートのお知らせ

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、どらみです。

 

2018年 11月25日(日)「子ども食堂」チャリティコンサートで演奏します

 

🎵 私の所属する、女性4名の演奏ユニットLIEBE(リーベ=ドイツ語で愛)は、2018年 11月25日(日)の夜、

私たちの地元、横浜市 青葉区 青葉台駅直結、フィリアホール(小ホール=リハーサル室)で、昨年に続き、

同じNPO、社会福祉法人主催の「子ども食堂 おなかをすかせた子どもたちへ 愛の贈りもの」、 チャリティコンサートに出演、演奏いたします。

💖 主催者NPO,社会福祉法人 作成の チラシ ↓

 

 チャリティコンサートの 日時・場所・お申込み・問い合わせ先

🎵 チラシ写真、見づらいかもしれません。

日時、場所、こちらに 書いておきますね。

🎵 2018年 11月25日(日) 開場 18:30
開演19:00 〜 終演 20:30

🎵 田園都市線 青葉台駅 直結 (横浜市 青葉区 青葉台) フィリアホール(リハーサル室)

🎵 入場料 : 1500円   中学生以下無料
* 入場料には ご寄付が含まれます。
* 本コンサートの収益は、支援を必要としている子どもたちに地域福祉活動を行っている ボランティア 団体に 全額寄付されます。


🎵 主催:特定非営利活動法人(NPO) よりそいサポート・ネットワーク (理事長 佐川英美)、

社会福祉法人ともにわ会

 🎵 チケットお申込み・お問合せは、メール または お電話で。

NPO法人 よりそいサポート・ネットワーク
E-mail:  endoyukihiko@nifty.com
TEL:      090-9312-2044      遠藤幸彦 (NPO 副理事長) 宛てに お願いいたします。

 

チャリティコンサート 概要

出演:演奏ユニットLIEBE (リーベ)

藤岡昭子(ピアノ)
山田悦子(ソプラノ)
増田成美(ソプラノ)
柴垣節子(ヴァイオリン)

🎵 プログラム 抜粋 「愛の贈りもの」

★ いつくしみ深き(讃美歌 312番)
★ 青い目の人形(作曲 本居長世)
★ この道 (作曲 山田耕作)
★ 砂山(二重唱・作曲 中山晋平)
★ ロンドンデリーの歌 (アイルランド民謡) ほか

🎵  ↓ 昨年 11月23日(㊗)午後に開催された、「青葉子ども食堂 チャリティコンサート」の様子・写真提供 NPO よりそいサポート・ネットワーク)

 

 

 

 

 

 

 

🎵  私たちの主な活動拠点、横浜市北部の青葉区でも、「子ども食堂」運営の必要があることに、昨年、この演奏依頼を打診された時、正直 驚きました。 教育熱心で、いろいろな面で 比較的恵まれた家庭が多い・・と 疑わずに 住み続けてきたからです。

🎵 しかし 時代の流れの中、ぱっと見ではわからない、さまざまな家庭の事情があり、ひとりで夕食を 食べざるを得ない(孤食)子どもたちが、多数いることがわかりました。
横浜市青葉区内では 現在3か所で 週2回 子ども食堂が運営されており、ひとりひとりの 詳しい事情を全て把握しているわけではないけれど、集まってくる子どもたちは、毎週平均、350名ほど(2017年度)。

 

🎵 ここ1、2年、にわかに注目されている「子ども食堂」。最近「子ども食堂」を舞台にした映画も公開されているようですね。 生まれてきたからには、子どもたちに 笑顔でいてほしい。 どういう境遇にあっても、ひとりぼっちじゃない、支えてくれる人がいる。 ささやかでも 幸せ、生きていてよかったな、と思える時間を過ごしてほしい。💖💖💖
皆さまの 暖かい ご支援、 ご来場をお待ちしております。
子どもたちの 笑顔のために、私も 心こめて 演奏したいと思います。🎻

最後まで ご覧いただき、どうもありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2018 All Rights Reserved.