柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

基本のリズム🎵わかりやすく シンプルに始めよう・・・の巻っ!

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは! どらみです!

ta heart1

以前、「ハートのドキドキから始めよう~!」という記事を書きました。

(↑ まだだったら、こちらを先に読んでみてね!)

ある程度 大人の言葉がわかり、すでによく知っている歌を覚えている子どもたちが何人か集まったら・・・💖💖ハートビート(心拍・・大体 1分間に 60-70くらいの速さ。無理なく自然に歩ける程度の速度)を 感じながら、大人も子どもも一緒に輪になって 実際に歩いてみましょう! と・・。

 

フラッシュカードって 何?

さて。。 今日は、私の小さな生徒さんたち、大好きだった 「フラッシュカード」 を使って、 まず 基本のリズムを覚えてもらっちゃいましょう! というアイディアです♪

L1010493

「フラッシュカード」・・・ここに載せている フラッシュカードは、
すべて 私が 生徒さんたちのために 手作りしたものです。

IMG_3525_R

今は、音や音符のフラッシュカード、市販のものもありますが、
私の経験では、幼児には、もう少し大きなサイズがよいかな~?

お好みにもよりますが、私は 生徒さんたちに紙芝居風に見せたりしたかったので、少し大き目がいいなと思い・・・。
それに 何人もの生徒さんたちに、繰り返し使うので、ある程度丈夫なものがよいだろう・・。

ということで、一般には「板目紙」と呼ばれている、裏も表も無地(白地)の厚紙に、黒やカラーマーカー、✒時には色鉛筆✐なども使って、必要なものを 次々に作りました。

IMG_3515_R

以前ご紹介した、ハンドサインを描いたものもありますが、
リズムパターンと、てきと~に絵を描いたものも いろいろあります。^^;

 

 

フラッシュカード、基本の使い方の例

個人レッスンの中で 次々と見せていき(数分~10分以内)、最初は一緒に、慣れてきたら、ひとりで リズムや 歌の復習をする。

何枚かを 床などにバラバラにして置き、歌を歌ってから、その歌の順番通りに並べ変えてもらう・・など、いろいろな使い方ができるのも フラッシュカードの良いところです♪

最初のリズム、「た」(ta) の登場~!

tatatata_R


↑ 
この フラッシュカードは、 子供たちに 最初に経験してもらうもののひとつ。

最終的には、これを 基本の拍 = 四分音符= ♩(quarter note) に つなげていきますが

1.最初は、指導者が、さくらんぼ🍒(りんごでも 何でもよいのですよ~^^)
を ひとつずつ 指さしながら、

ハートビート💖 くらいの 自然なテンポで、一緒に手をたたいてみましょう!

2.何回かくりかえして慣れたら・・・今度は、手を叩きながら、同じテンポで一緒に歩いてみましょう!

3.タイミングを見計らって、カードを裏返すと・・・

ta_R

現地(ハンガリー)では、ta (た、に近い発音) という 文字が・・・。

私は ひらがなで、「た」 と 読んでもらうことにしました。

4.もう一度、表に戻り・・・ さくらんぼ(りんごでも なんでもよいのです)が 4つ並んでいて・・・

その上に 縦棒が 4本。  ||||

これを見ながら、 覚えたばかりの 「た」 を使い、

「た」「た」「た」「た」 と、 手を叩きながら👏 声を出してもらいます。

clap1

早くなったり 遅くなったりしないように、歩いた時のリズムと同じように。
カードを見て、手を叩きながら、また歩いてもよいのです。

教師は、左から順番に さくらんぼを指さしながら、一緒に「た」「た」「た」「た」 と声を出して。

生徒さんが 上手にできたら、満面の笑顔で ほめてあげてくださいね~!☻

 

 

子どもたちに 気づいてもらおう!

 

candle1

前回、「た」「た」「た」「た」・・・ と、 さくらんぼ🍒 が 4つ並んだ フラッシュカードを見てもらいましたね!

今度は、🍒さくらんぼの代わりに
火のついた ろうそくが並んでいますね~!

このカードを 子供たちに見せてみましょう!
「ろうそくだね~!」

「でも、よ~く見ると、ちょっと どこか違うところな~い?」

質問してみます。

たいてい 気がついてくれます^^

「一番 最後の ろうそくだけ 火が消えてる~!」

 

そう、こちらから いきなり教えず、子供たちに「気づいてもらう」ことが大切!
4つ目の ろうそくだけ 火が消えていることに 気がついてもらったら、今度は ”絵の上↑” を見てもらいます。

 

火のついた ろうそくの上には、 縦棒「┃= た」 が 並んでいますが、消えている ろうそくの上には、
何やら 違う 初めてみる形の記号が・・・

フラッシュカードを 裏返すと この記号・・その下には「ふぅ」の文字。

IMG_5121_R

 

「これ、初めて見るマークだよね~?」

この記号、 今後 四分休符(quarter rest) に つなげていきます。

でも、この段階では・・

「ろうそく、一緒に消してみようね!」

子どもたちに、まず お手本を見せます。

☝人差し指を ろうそくに見立てて、一緒に ろうそくを 吹き消す動作をしながら、

「ふぅ」💨 と 声を出してもらうことにします。

もう一度 子どもと一緒に、「ふぅ」💨 っと、 人差し指ろうそくを吹き消す動作をしながら

声を出してもらい、今後 この記号をみたら、「ふぅ」 と、今の動作することを お約束します。

(ハンガリーでは、お休み=szunet (u には ウムラウトがついて、スネットゥ、のような発音)という言葉を使い、記号も、大文字の Zに似た記号を用います。)

「た」 と 「ふぅ」 が わかったら、 こんな カードで、 手を変え品を変え・・・

bluebirds1

 遊びながら、条件反射で自然にできるようになるまで、定着をはかります。

鳥さんが 木の穴にいる時は・・・「た」

どこかへ お出かけして、穴を留守にしている時は?・・・「ふぅ」

 

左側から 順番に・・・「た」(両手でパンと手を叩いて音を出す)
「ふぅ」(ろうそく吹き消す動作しながら)

「た」「ふぅ」
まずは 2つだけですが、 上手にできるか 一緒にやってみましょう~^^

指導する側も 一緒に楽しんで笑顔で~^^  (続く)

それではまた! わぉぉぉ~ん!!

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2016 All Rights Reserved.