柴垣節子ー音楽のBlog

Dolamifaso

カテゴリー

Amapola♪

dolami
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは! どらみです。

🌸2017年春。桜前線も北上を続け、今は東北地方が見頃でしょうか?
自宅の庭に、どこから飛んできたのか、ナガミヒナゲシ、オレンジ色の小さな花がいくつも咲いています。

💛 アマポーラ(Amapola)は  スペイン語で「ひなげし」なのだそうです。
この曲のタイトルは聞いたことありましたが、実際にどんな曲なのか、誰が作曲したのかも、恥ずかしながら 自分で演奏するまで知りませんでした(^^;)

♬ 昨年末(2016年 11月〜12月)に、所属する 演奏ユニットLIEBEに、特別養護老人ホーム、グループホーム等から 演奏依頼をいただき、歌(ソプラノ2名)、ピアニストとも相談しながら、私はヴァイオリンで クラシック音楽を編曲したもの(チャイコフスキー、くるみ割り人形から 花のワルツ)の他、少しポップス系、スクリーンミュージック(映画音楽)も演奏することになり、
プログラムに入れた 一曲が、この 「アマポーラ Amapola」でした。

♬ 音源は4人で合わせ練習をした時のものを使っています。(途中で、ほんの少しメンバーの咳が聴こえますが お許しくださいね)本番の録音音源は、聴衆の方たちの声等が入っているのと、この曲を弾いた 本番演奏の場は、3か所、どこにもピアノがなく、自分たちで古い電子ピアノを車に積んで持参したためでもあります。

♬ 動画、静止画とも、写真は全て、私 どらみ自身が撮影したものを使っています。
自宅の庭の隅で咲いている花、この春に植えた花苗、自宅から歩いて桜を見に行った、住宅街の合間にある、 小さな川辺・・・ごく身近なところで撮りました。花が大好きなので、ついついたくさん入れたくなりますが、短い動画に あまり詰め込むと、見る時も疲れますね。うーん!と思いつつ、枚数を絞りました(^^;)

🌹 登場する写真、花たち

1.オレンジ色 4弁花。今回、ヒナゲシの代わりに、アマポーラ役をつとめてもらった ナガミヒナゲシ。
2.白い小花は、ヒメウツギ。4月に咲く小さな花木で、別名を「卯の花」(四月は卯月 うづき」ですね。
3.ピアノとヴァイオリン、主役のメロディが交代する場面は、自宅のキモッコウバラのツルと空。
キモッコウバラは、今を盛りと たまご色の小花、あふれるように咲かせてくれています^^💛
4.自宅近くの小さな川辺・春の小川・・きらきら 光っていました^^✨✨
5.黄色のほわんとした花は、エニシダ。 レンギョウと少し似ていますが、エニシダはマメ科。花も丸みがありますね。レンギョウは先のとがった4弁花。モクレンの仲間だそうです。
6、淡い青紫の小花は・・今春、園芸店でベロニカ・オックスフォードブルー(もう少し濃い青紫)と同時に入手した、色ちがいの苗です。名前・・メモするのを忘れました! わかったらアップしますね。
オオバコ科で、地面すれすれに細い茎から オオイヌノフグリによく似た 小花が可愛いです。
7.ピンク(赤紫)の マーガレットをごく小さくしたような花も、今春 寄せ植え用に入手。
ゲラニウム(フウロソウ)・ビルウォーリス という 長い名前ですが、華奢な蔓が伸びて、その先に小花。 これもお気にいりになりました(^^)
この画像のあと、再び オレンジ色の ナガミヒナゲシに戻って 終わります。

♬ この演奏で 主に参考にした楽譜は・・「歌心溢れる名曲をバイオリンで 〜ピアノと楽しむ名旋律〜」
(林 美智子さん 監修、 ヤマハミュージックメディア co. 刊)CD付ですが、こちらは聴いていません
アマポーラ・・・編曲 山田 香さん   です。

ナナ・ムスクーリさんの 自由な歌い方を聴くと、私達の演奏は かなりクラシック風?というか、あまりリズムも崩していませんが、 こういうのもアリ!? ということで ご理解いただけたら嬉しいです💛

🎻 ヴァイオリン(violin) 柴垣節子   🎹 ピアノ(piano)  藤岡昭子

(音源、画像の著作権は 全て サイト管理者に帰属しております。画像、音源等の無断転載等 なさらないようお願いいたします)

この記事を書いている人 - WRITER -
dolami
音楽教育、指導法、理論系、一見難しそうに見えることが好きで得意な音楽家です。ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノを弾き、歌います^^♪ 音大卒業後、不思議なご縁で 1年間、ハンガリーに給費留学。 音楽の全てを 根本から鍛え直し、素晴らしい音楽教育法も学びました。 帰国後、結婚 子育てしながら、合奏団やオーケストラで演奏活動。 自宅の生徒さんたちには、それまで学んできた知識、教育法を 生徒さんひとりひとりに合わせてアレンジ、個性を大切に教えてきました。 1999年に急性心筋梗塞で 一時、音楽活動を休みましたが、2001年から再開。 07年に結成した女性4名の演奏ユニット「LIEBE(リーベ)」の ヴァイオリン奏者として、介護、福祉、医療の現場へ訪問演奏、チャリティコンサートの企画、実施。幼児連れのママ向けコンサート、近年は高齢、認知症、障がいのある方たち向けの音楽プログラムの選曲、時短練習法など、経験に基づいた オリジナルな方法をご紹介します。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Dolamifaso , 2017 All Rights Reserved.